機能が充実!試算表から決算書まで作れるソフト!

会計に必要な書類の作成ができる

会社の運営をするとき、気になるのは儲かっているかどうかでしょう。売上がたくさんあれば何となく儲かっているように感じます。現金がたくさんあれば儲かっているように感じます。でも感じだけでなく本当に儲かっているかが分からなければ、その後に大きな問題が出てくるかもしれません。会計ソフトを利用すると、会計に必要な書類の作成が簡単にできるようになります。日々の仕訳をして集計をした書類が試算表です。資産状況や負債状況の他、利益や経費の状況などが分かります。決算書は株主などに報告をするための書類です。手書きで作成すると転記などの作業が必要になり、かなり時間がかかってしまいます。ソフトなら転記や集計は自動的に行ってくれます。

リアルタイムに経営の状況が分かる

経営で大事なのは意思決定です。社長と社員がいる時、社長は必要な意思決定をして社員に伝えます。この意思決定がタイムリーで適切なら、会社の業績も良くなります。勘と経験が大事といわれるときもありましたが、今は情報などをうまく使って意思決定する方が良いとされます。会計ソフトを使うと、日々の仕訳が入力できます。仕訳は取引を具体的に表現したものなので、売上の状況や経費の状況、資産や負債の状況などが分かります。きちんと仕訳を入力していれば、リアルタイムの会社の経営状況が把握できます。手作業などだと年に1回ぐらいしか作成しないかもしれませんが、会計システムなら自動で作れるのでいつでも確認したいときに経営状態が見られます。

© Copyright Easy Accounting Software. All Rights Reserved.